投資 浪費

投資?浪費?どっちなの?

「私、最近自己投資始めたの」とか仰っている人をみて「それはどう考えてもただの浪費でしょ 」と思ったことがある方がいらっしゃると思われます。「私、最近自己投資始めたの」とか仰っている人をみて「それはどう考えてもただの浪費でしょ 」と思ったことがある方がいらっしゃると思われます。

他人から見ると自己投資も単なる浪費にしかみえないことがあると思われます。 果たして、自己投資と浪費の違いとは何なのでしょうか

これに関して一つ答えを言いますと、それはそこに「目的意識」があるかどうかの違いです。 10万円するバッグを購入する人を例にとって考えてみましょう。

A:「あ!あのバッグ欲しい!10万円するけど可愛いから買う!」
B:「あ、このバッグだったら外出するときに持っていると周囲の人にも褒めてもらえそう、買ってみよう」

かなり極端な例ですが、Aが浪費でBが自己投資です。 Aの場合、とにかく可愛いから買う!というだけで何の目的意識もありません。 Bの場合、打算めいていますが、人の集まりに持っていっても恥ずかしくないバッグを買おうという意識があります。 こういった意識は実はかなり大切です。なんといっても人間は結局は外見が物を言うのです。 その外見を強化し、周囲の人に認めてもらおうという意識があるだけで、それは自己投資なのです。

このように、物を買うとき、また何かを始めるときは何かしら考えてみてください。 「本当に役に立つのか?」「これをやればスキルアップできそうだ」「これがあればもっと活動の幅が広がるから買ってみよう」 こうしたことをしっかりと考えて買ったものや始めたものは決して浪費ではないのです。

↑ PAGE TOP